出典:デジタル大辞泉(小学館)

モロッコ西部、大西洋沿岸の港湾都市。16世紀初頭からポルトガル領マサガンとして発展。1769年、モロッコ人によりポルトガルが駆逐され、のちに町の名が現名に改称された。1912年から1956年のモロッコ独立まではフランスの保護領。現在は多文化が行き交う観光都市。旧市街はポルトガル領時代に築かれた巨大な城塞で、2004年「マサガン(アル‐ジャジーダ)のポルトガル都市」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。アル‐ジャディーダ。

[世界史/ヨーロッパ・南北米史]カテゴリの言葉

[地理/外国地名/中央・西アジア・アフリカ]カテゴリの言葉