出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安時代、天皇の譲位・崩御、または国内動乱などの大事件の際、諸国の関所を警固させたこと。特に、逢坂 (おうさか) (初めは越前愛発 (あらち) )・鈴鹿 (すずか) 不破 (ふわ) の三関を固めること。こかん。⇔開関 (かいげん) 

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉