出典:デジタル大辞泉(小学館)

《粥 (かゆ) を口にする意》ほそぼそと暮らしを立てること。生計。よすぎ。くちすぎ。「―の道を閉ざされる」

「一家の―のために働かなけやならないような」〈三重吉・小鳥の巣〉

出典:青空文庫