出典:デジタル大辞泉(小学館)

近世、扶持米 (ふちまい) が1日5合で、副食物も買えないような薄給の身分。

「―の下部 (しもべ) ども」〈浄・聖徳太子〉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉