出典:デジタル大辞泉(小学館)

月初めの3・4・5の3日間の、昼の五つ時(午前8時ごろ)・夜の五つ時(午後8時ごろ)・夜の八つ時(午前2時ごろ)・昼の八つ時(午後2時ごろ)の4刻。陰陽道 (おんようどう) の説で、この時刻に人が死ぬという。

「胸はわけなき―、知死期 (ちしご) 近づくばかりなり」〈浄・宵庚申