出典:デジタル大辞泉(小学館)

(「付く」が四段活用の場合)
  1. 愛情や関心が生じる。執心する。

    1. 「御娘たちの住まひ給ふらむ御ありさま思ひやりつつ、―・く人もあるべし」〈・椎本〉

  1. 物心がつく。分別がつく。

    1. 「―・きなば、僧になして」〈太平記・九〉

  1. 気がつく。

    1. 「ある人々は―・きたるもあるべし」〈堤・虫めづる姫君

(「付く」が下二段活用の場合)
  1. 愛情や関心を持つ。思いを寄せる。

    1. 「うつせみの常なき見れば世の中に―・けずて思ふ日そ多き」〈・四一六二〉

  1. 気をつける。注意する。

    1. 「若き人に見ならはせて、―・けんためなり」〈徒然・一八四〉