出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「矢竹」は「弥猛」の当て字》心がますます激しく勇み立つこと。

「―にはやれども、もう叶はぬ」〈浄・千本桜