(こころ)を汲(く)・む の意味

  1. 他人の心の中を思いやる。気持ちを察する。「―・んで静かに見守る」