出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]

  1. 思いやりがある。

    1. 「三輪山をしかも隠すか雲だにも―・らなも隠さふべしや」〈・一八〉

  1. 思慮分別がある。道理をわきまえている。

    1. 「汝は鳥の王なり。我は獣の王なり。互ひに―・るべし」〈今昔・五・一四〉

  1. 情趣・風流を解する。

    1. 「むべ山風をなど言ひたるも―・らむと見ゆるに」〈・二〇〇〉

  1. 風情がある。風流である。

    1. 「雨うち降りたるつとめてなどは、世になう―・るさまにをかし」〈・三七〉

  1. 恨み・たくらみ・浮気心などの下心がある。

    1. 「わがぬしを酔 (ゑ) はし奉るも―・りや」〈宇津保・俊蔭〉

  1. 歌学の用語。歌に詩心が深く込められている。有心 (うしん) である。→有心2

    1. 「させる句にてはなけれども―・りて細きには、一座も面白く付けよきなり」〈連理秘抄