出典:デジタル大辞泉(小学館)

心がいらだつこと。

「夫 (そ) れだけでは面白う無うて―のするに」〈一葉・われから〉

「苦しげなるもの。…―したる人」〈・一五七〉