出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ふだんの心の持ち方。「―がよくない」「ふだんの―しだいである」

  1. たしなみ。心得。

    1. 「有っても一向―のございません僕なんざ、…つい気がつかないで了います」〈鏡花婦系図

[用法]心がけ・[用法]心がまえ――「日ごろの心がけ(心構え)がものをいう」「そんな心がけ(心構え)では、行く末が思いやられる」など、心の持ち方の意では相通じて用いられる。◇「心がけ」は日常の心のあり方を指すことが多く、「こつこつ貯金するとは、いい心がけだ」「日ごろの心がけが悪い」などという。◇「心構え」は、ある事柄に対して心の準備をすることで、「老後の心構えをしておく」「親としての心構えを聞く」と用いる。◇類似の語に「気構え」がある。「リハーサルと本番とでは気構えが違う」「子供を育てながら働く気構えでいる」のように、はっきりとした意志や決意をともなった心の準備状態をいう。