出典:デジタル大辞泉(小学館)

心にわだかまりがあること。

「保子は信吾の―に気づかなくて」〈康成・山の音〉