出典:デジタル大辞泉(小学館)

    1. ㋐ある方向を目ざす気持ち。心に思い決めた目的や目標。「志を遂げる」「事、志と異なる」「志を同じくする」「青雲の志を抱く」

    2. ㋑心の持ち方。信念。志操。「志を高く保つ」

  1. 相手のためを思う気持ち。厚意。「志を無にする」「お志はありがたいが、辞退します」

    1. ㋐謝意や好意などを表すために贈る金品。「ほんの志ですが、御笑納ください」

    2. ㋑香典返しや法事の引き出物、僧への布施の包みの表に書く語。→寸志

  1. 心を集中すること。注意。

    1. 「―はいたしけれど、…上の衣 (きぬ) の肩を張り破りてけり」〈伊勢・四一〉

  1. 相手を慕う気持ち。愛情。

    1. 「一夜のほど、朝 (あした) の間も恋しくおぼつかなく、いとどしき御―のまさるを」〈・若菜上〉

  1. 死者の追善供養。

    1. 「未来の因果を悲しみて、多くの―を尽くして」〈曽我・二〉