出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ五(四)]

  1. ある事をしようと思い定める。心の中に立てた目的・目標に向かって進もうと決心する。「学問に―・す」「建築家を―・す」

    1. 「或いは山崎を―・して逃ぐるもあり」〈太平記・一五〉

  1. 好意・謝意などの気持ちを表すために金品を贈る。

    1. 「越の国へまかりけるに、ぬさ―・すとて」〈後撰・離別・詞書〉

  1. 追善供養をする。

    1. 「今日は―・す日に当たりて候ふほどに」〈謡・定家

出典:青空文庫