出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]こころさび・し[シク]なんとはなしにさびしく思う。こころさみしい。
  • 「お勢が帰塾した当座両三日は、…何となく―・かったが」〈二葉亭浮雲