出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形ク]《「こころたかし」とも》
  1. 志が高い。また、人柄が高潔である。気高い。

    1. 「世の中を―・くも厭 (いと) ふかな富士の煙を身の思ひにて」〈新古今・雑中〉

  1. 気位が高い。高慢である。

    1. 「身のほども知らず、―・くおごり」〈無名抄

  1. 目のつけどころがよい。

    1. 「井手のしがらみと置かれたるは―・きに」〈千五百番歌合・一七・判詞〉