出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ど」は形容詞「と(利)し」の語幹という》心に気力が満ちていること。しっかりした心。気合。

「遠長く仕へむものと思へりし君しまさねば―もなし」〈・四五七〉

[補説]一説に「ど」は所の意とする。万葉集では、あとに打消しの語を伴う。