出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接]《動詞「あり」の連体形+係助詞「は」から》
  1. (「あるは…、あるは…」の形で)ある者は。ある場合は。

    1. 「―年ごとに鏡のかげに見ゆる雪と浪とをなげき…、―昨日は栄えおごりて時を失ひ」〈古今・仮名序〉

  1. あるいは。または。

    1. 「逢坂山に至りて手向けを祈り、―春夏秋冬にも入らぬくさぐさの歌をなむ撰ばせ給ひける」〈古今・仮名序〉

出典:青空文庫