出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 平素からの心の働き。気だて。性質。心ばえ。

    1. 「常 (いつ) も楽しそうに見えるばかりか、―も至て正しいので」〈独歩・少年の悲哀〉

  1. 心配り。

    1. 「この娘、すぐれたる形ならねど、なつかしう貴 (あて) はかに―あるさまなどぞげにやむごとなき人に劣るまじける」〈・須磨〉

  1. 深い考え。思慮分別。

    1. 「―ある人だにも、物につまづき倒るることは常のことなり」〈宇治拾遺・一三〉

  1. 日ごろの心がけ。心構え。

    1. 「何の―ありげもなく、さうどき、誇りたりしよ」〈・夕顔〉