こ‐こん【古今】 の意味

  1. 昔と今。「古今を問わない」
  1. 昔から今日に至るまで。「古今を通じて最高の傑作」
  1. 昔から今に至るまで並ぶもののないこと。また、その人。「古今の名筆」
  • 名詞

こ‐こん【古今】の慣用句

  1. ここんとうざい【古今東西】
    • 昔から今までと、東西四方のすべて。いつでも、どこでも。「古今東西に類を見ない事件」
  1. ここんどっぽ【古今独歩】
    • 昔から今に至るまで、匹敵するもののないこと。
      「―の弓馬の達人」〈浄・川中島
  1. ここんみぞう【古今未曽有】
    • 過去に同じようなことがあったためしがないこと。
  1. ここんむそう【古今無双】
    • 昔から今までに並ぶものがないこと。「古今無双の豪傑」