出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「御座むしろ」の略。また、御座に敷くむしろの意からという》藺草 (いぐさ) の茎で編んだ敷物。うすべり。

[補説]「蓙」は国字。