出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 正月8日から7日間、大極殿 (だいごくでん) (のちに清涼殿)に高僧を集め、金光明最勝王経を講義させ、国家の安泰と五穀の豊作を祈願した法会。結願 (けちがん) の日には、御前で内論議 (うちろんぎ) が行われた。奈良時代に始まり、平安時代に盛行したが、室町時代に中絶した。御斎講。みさいえ。

  1. 天皇が僧を集めて斎食 (とき) を与える法会。

    1. 「九月九日、奉為 (おほみため) の―の夜」〈・一六二・題詞〉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉