出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ四]《四段動詞「ござある」の連体形「ござある」の音変化》
  1. 「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。

    1. 「お奏者はどこもとに―・るぞ」〈虎明狂・餅酒〉

  1. 「ある」の意の尊敬語。おありになる。

    1. 「茗荷 (めうが) をこし召さぬほどに、御失念は―・るまい」〈虎清狂・鈍根草〉

  1. 「行く」「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。

    1. 「いや、誰ぞと存じたれば、やれやれようこそ―・ったれ」〈虎清狂・禁野

  1. 「ある」の意の丁寧語。あります。ございます。

    1. 「奏聞申サウズル事ガ―・ル」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉

  1. 正常な状態でなくなる。

    1. ㋐恋をする。ほれる。

      「内儀は―・ったふりしてしなだれかかれば」〈浮・夫婦気質・下〉

    2. ㋑食べ物が腐る。

      「この魚はちと―・った目もとだ」〈滑・膝栗毛・初〉

    3. ㋒(「腹がござる」の形で)腹が減る。

      「なんと、腹が少し、―・ったぢゃあねえか」〈滑・膝栗毛・四〉

  1. (補助動詞)補助動詞「ある」「いる」の意の丁寧語。…でございます。…ております。

    1. 「おざれ事で―・らう」〈虎清狂・鈍根草〉

[補説]室町時代から江戸時代までは広く用いられたが、否定形には室町時代には「ござない」が、江戸時代では「ござらぬ」が使われた。また、江戸時代に入ると「まする」「ます」を伴う形がしだいに一般化し、現代では特殊な場合を除いて「ございます」の形が普通になった。