出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 人体で、骨盤のある部分。脊椎が骨盤とつながっている部分で、上半身を屈曲・回転できるところ。腰部 (ようぶ) 。「腰が曲がる」「腰をおろす」

  1. 裳 (も) 袴 (はかま) などの1にあたる部分。また、そのあたりに結ぶひも。

  1. 物の1に相当する部分。中ほどより少し下部。

    1. ㋐壁や建具の下部。「腰の高い障子」

    2. ㋑器具の下部。また、器具を支える台や脚。

    3. ㋒山の中腹より下の方。「山の腰を巡る道」

    4. ㋓兜 (かぶと) のの下部につける帯状の金具。

    5. 和歌の第3句。「腰の折れた歌」

  1. 餅 (もち) ・粉などの粘り・弾力。

  1. 紙・布などのしなやかで破れにくい性質。

  1. (他の語の下に付き、「…ごし」と濁って)何かをする際の姿勢・構え。「けんか腰」「及び腰」

[接尾]助数詞。
  1. 刀・袴など腰につけるものを数えるのに用いる。「刀ひと腰」「袴ひと腰」

  1. 矢を盛った箙 (えびら) を数えるのに用いる。「矢ひと腰」