出典:デジタル大辞泉(小学館)

邪魔が入り、途中でやめになる。

「刀の詮議で水責めの―・れた」〈伎・幼稚子敵討〉