出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「こんじ」の撥音の無表記》冠の頂上後部に高く突き出ている部分。髻 (もとどり) を入れ、その根元に笄 (こうがい) を挿して冠が落ちないようにする。元来は、これをつけてから幞頭 (ぼくとう) をかぶったが、平安中期以後は冠の一部として作り付けになった。