出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「コージェネレーション」「コゼネレーション」とも》

  1. 電気・熱・蒸気などを同時に発生させること。ガスタービンやディーゼルエンジンで発電する一方、その排熱を利用して給湯・空調などの熱需要をまかなうなど、エネルギーを効率的に運用すること。熱電供給。熱電併給。廃熱発電。

  1. コジェネレーションシステム」の略。