出典:デジタル大辞泉(小学館)

福島県中北部、磐梯山 (ばんだいさん) 北麓の磐梯高原にある小湖沼群。明治21年(1888)、磐梯山の爆発による泥流のくぼ地に地下水がたまってできたもの。毘沙門 (びしゃもん) ・赤・深泥 (みどろ) ・弁天・青・瑠璃 (るり) ・柳・弥六などの沼がある。泥流中から溶け出た鉱物の違いにより、青や緑など湖水が多彩な色を示すことからこの名がついた。3.7キロメートルの散策路がある。磐梯朝日国立公園に属する。
山形・宮城県境、蔵王山にある火口湖、御釜 (おかま) の通称。直径約360メートル。有史以降、噴火活動を繰り返している。火山物質を多く含む湖水が、気候条件により緑や青などさまざまな色に変化することからの名。