• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こし‐ぬけ【腰抜け】 の意味

  1. 腰の力が抜けて立てなくなること。また、その人。
  1. 意気地がなく、臆病なこと。また、その人。「もうあきらめるなんて。―め」「―侍」

こし‐ぬけ【腰抜け】の慣用句

  1. こしぬけやく【腰抜け役】
    • 臆病で無能な者でも勤まる、つまらない役目。また、暇な老人向きの役。
      「―の御留主、思ひもよらず」〈浄・栬狩剣本地〉
  • こし‐ぬけ【腰抜け】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・その意地をわれわれから取り除けてしまったならば、われわれは腰抜け武士になってしまう。

      内村鑑三「後世への最大遺物」

    • ・・・作家が腰抜けだったということもいえます。

      宮本百合子「婦人の創造力」