出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 女性が和装するとき、下着として腰から脚にかけて、じかに肌にまとう布。ゆもじ。おこし。

  1. 中世以降、武家の女性や宮中の下仕えの女官が、夏に小袖の上につけて肩脱ぎとして腰から下に巻きつけた衣服。江戸時代、武家の上級の女性が類似のものを礼装として用いた。

  1. 能楽の女装束の着方の一。また、その装束の名。着付けの上から縫箔 (ぬいはく) の小袖を腰に巻くように着て、両袖は手を通さないで後ろに垂らすもの。「羽衣 (はごろも) 」などで用いる。

  1. 兜 (かぶと) の錏 (しころ) との接続する部分。

  1. 土蔵の外回りの下部の、特に土を厚く塗った部分。

  1. 書籍やその箱の下部に巻き付けてある紙。帯。

出典:青空文庫