出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良県高市郡高取町の子島寺にある両界曼荼羅の通称。紺綾地に金銀泥で描いたもの。平安時代、長保年間(999~1004)ころの作で、高雄曼荼羅と並ぶ遺品として重要。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉