五十(ごじゅう)にして天命(てんめい)を知る の意味

  1. 《「論語」為政から》50歳になってはじめて自分の人生についての天命・運命が何であったかがわかる。→知命 (ちめい)