ごしゅ‐きょうぎ〔‐キヤウギ〕【五種競技】 の意味

  1. 陸上競技の種目の一。一人で5種類の競技を行い、その総得点で勝敗を争う。男子は、走り幅跳び槍投げ円盤投げ200メートル走・1500メートル走の5種目を1日で行う。第5・7・8回のオリンピック正式種目。女子は、100メートルハードル砲丸投げ走り高跳びを1日目に、走り幅跳び200メートル走を2日目に行う。第18回から第22回までオリンピック正式種目。ペンタスロン。
  1. [補説]古代ギリシャでは競走・走り幅跳び・円盤投げ・槍投げ・レスリングの5種。→十種競技七種競技近代五種競技