出典:デジタル大辞泉(小学館)

ミカン科の落葉小高木。葉は7枚または9枚の小葉からなる羽状複葉。雌雄異株。初夏、緑白色の小花が集まって咲く。赤い実は漢方薬として頭痛・嘔吐 (おうと) に用いられる。中国の原産で、日本には享保年間(1716~1736)に渡来。 花=夏》

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語