出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]《見習いの弟子の意》
  1. 江戸時代、岡場所や町芸者のもとで見習い・雑用をした女児。

  1. 子供をいやしめていう語。小わっぱ。

    1. 「やい、若い者ども。ここな―めを知ったか」〈浄・孕常盤

[形動ナリ]ちっぽけなさま。僅少なさま。
    1. 「―なる金銀に目を懸け」〈仮・浮世物語・一〉