出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《動詞「あり」の連体形+推量の助動詞「べし」の連体形。連体詞的に用いる》そうあるのが当然の。「教師として有るべき姿」