出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 道徳の原理が個人生活に適用された場合の倫理。→社会倫理

  1. 個人主義を基礎とする倫理学説。シュティルナーニーチェなどの倫理説がその代表。