ごすこう‐いん〔ゴスクワウヰン〕【後崇光院】 とは

  1. [1372~1456]崇光天皇の孫。伏見宮栄仁親王の王子。名は貞成 (さだふさ) 。法名、道欽。その日記「看聞日記」は、当時の政治・社会を伝える貴重な史料。