出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 物を他の物に強く押し当てたままで動かす。また、そのように繰り返し続けて動かす。「目を―・る」「あかを―・る」「電柱に車体を―・る」

  1. 遠回しにいやみや皮肉を言う。あてこする。

    1. 「如何 (どん) なに―・られても、左程にも感じなかったが」〈二葉亭其面影

[可能]こすれる