出典:デジタル大辞泉(小学館)

鎌倉幕府の基本法典。貞永元年(1232)、執権北条泰時評定衆に命じて編纂 (へんさん) させたもの。51か条からなる。源頼朝以来の慣習法・判例などを規範とし、行政・訴訟などに関して定めた武家最初の成文法。後世の武家法の基本となった。貞永式目。