出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 奈良時代以後、大嘗祭 (だいじょうさい) 新嘗祭 (にいなめさい) に行われた五節の舞を中心とする宮中行事。例年陰暦11月、中の丑 (うし) の日に帳台の試み、寅 (とら) の日に殿上 (てんじょう) の淵酔 (えんずい) 、その夜、御前 (ごぜん) の試み、卯 (う) の日に童御覧 (わらわごらん) 、辰 (たつ) の日に豊明 (とよのあかり) の節会 (せちえ) の儀が行われた。のちには大嘗祭のときだけに行われた。ごせつ。 冬》

  1. 五節の舞」の略。

  1. 五節の舞姫」の略。

[補説]五節の名は「春秋左氏伝」にみえる、遅・速・本・末・中という音律の五声(節)に基づくといわれ、舞は天武天皇の吉野の滝の宮で、神女が袖を五度翻して舞った故事によるという。