出典:デジタル大辞泉(小学館)

巨勢金岡 (こせのかなおか) に始まる画家の家系。代々宮廷の絵所の中心的位置を占め、大和絵の発展に重要な役割を果たした。鎌倉時代以降は奈良興福寺に赴き、絵仏師として室町時代まで活躍。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉