出典:デジタル大辞泉(小学館)

[係助]種々の語に付く。
  1. ある事柄を取り立てて強める意を表す。「今こそ実行にうつすべきだ」

    1. 「もののあはれは秋―まされ」〈徒然・一九〉

  1. ある事柄を一応認めておいて、それに対立的、あるいは、否定的な事柄を続ける。「感謝こそすれ、恨むことはあるまい」「賛成こそするが、積極的ではない」

    1. 「昔―外 (よそ) にも見しか我妹子 (わぎもこ) が奥つきと思へば愛 (は) しき佐保山 (さほやま) 」〈・四七四〉

  1. 文末にあって、言いさして強める意を表す。「これはこれは、ようこそ」「『先日はありがとう』『いや、こちらこそ』」→こそあれてこそとこそばこそもこそ

    1. 「深く信をいたしぬれば、かかる徳もありけるに―」〈徒然・六八〉

[補説]古語では、文中にあって「係り」となり、文末の活用語尾を已然形で結ぶ。また、上代では連体形で結ぶこともある。係助詞「ぞ」「なむ」に比し、強調の度合いが強いといわれる。2は、現代語では、多く「こそあれ」「こそすれ」「こそするが」などの形で用いられる。3は、「こそ」に続く述語部分を省いたもので、古語では、「あれ」「あらめ」「言はめ」が省かれることが多い。
[終助]《上代語》用言の連用形に付く。願望を表す。…てほしい。…てくれ。
    1. 「ぬばたまの夜霧に隠 (こも) り遠くとも妹 (いも) が伝へは早く告げ―」〈・二〇〇八〉

[接尾]
  1. 人名などに付けて、呼びかけに用いる。

    1. 「聞き給ふや、西―といひければ」〈大和・一五八〉

  1. 子供の名に付けて、親愛の意を添える。

    1. 「忠―五になる年の三月に」〈宇津保・忠こそ〉

出典:gooニュース