こそでそがあざみのいろぬい〔こそでそがあざみのいろぬひ〕【小袖曽我薊色縫】 の意味

  1. 歌舞伎狂言世話物。7幕。河竹黙阿弥作。安政6年(1859)江戸市村座初演。極楽寺の僧清心 (せいしん) と遊女十六夜 (いざよい) が心中に失敗し、やがて悪の道に踏み込む話。別名題「花街模様薊色縫 (さともようあざみのいろぬい) 」。通称「十六夜清心」。→十六夜