出典:デジタル大辞泉(小学館)

世界は個体からなり、それらだけが真実在であって、普遍的なものは第二義的、非本質的なものにすぎないとする立場。個体を個々人ととれば、個人主義を意味する。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉