出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 小さい玉。

  1. 弥生時代から古墳時代にかけて、首飾り・腕飾りなどに用いた直径5、6ミリの丸い玉。多くガラス製。

  1. 小玉銀」の略。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

出典:青空文庫