出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《近世初めまでは「こたま」》
  1. 樹木に宿る精霊。木の精。

    1. 「―が攫 (さら) うぜ、昼間だって容赦はねえよ」〈鏡花高野聖

  1. 1がこたえるものと考えたところから》声や音が山や谷などに反響すること。また、その声や音。山びこ。「銃声が谷間に―する」

  1. 歌舞伎下座音楽で、小鼓2丁を下座と上手舞台裏とに分かれ、響き合うように打つもの。深山幽谷などの趣を出す。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉