出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. ちょっとしたことを必要以上に気にする。気持ちがとらわれる。拘泥 (こうでい) する。「些細 (ささい) なミスに―・る」「形式に―・る」

  1. 物事に妥協せず、とことん追求する。「素材に―・った逸品」

  1. つかえたりひっかかったりする。

    1. 「それ程―・らずに、するすると私の咽喉を滑り越したものだろうか」〈漱石・硝子戸の中〉

  1. 難癖をつける。けちをつける。

    1. 「郡司師高―・って埒 (らち) 明けず」〈浄・娥歌かるた〉

[補説]2は近年の用法。

出典:青空文庫

出典:gooニュース