• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

こ‐たん【枯淡】 の意味

  1. [名・形動]
  1. 人柄・性質などがあっさりしていて、しつこくないこと。世俗的な名利にとらわれないで、さっぱりしていること。また、そのさま。「枯淡な(の)境地」
  1. 書画・文章などに俗っぽさがぬけ、あっさりとした中に趣があること。また、そのさま。「枯淡な画風」
  1. [派生]こたんさ[名]
  • 名詞
  • こ‐たん【枯淡】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 近藤君の画は枯淡ではない。

      芥川竜之介「近藤浩一路氏」

    • ・・・対人関係について淡白枯淡、あっさりとして拘泥せぬ態度をとるということも一つの近代的な知性ではあるが、私たちとしてはそれをとらない。

      倉田百三「人生における離合について」

    • ・・・筆が洗練され、枯淡になっていても、やはりどこか昔の虚子の「三つのもの」や「石棺」時代の名残のようなものが紙面の底から浮上がって来るように私には感ぜられるのである。

      寺田寅彦「高浜さんと私」