出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 人柄・性質などがあっさりしていて、しつこくないこと。世俗的な名利にとらわれないで、さっぱりしていること。また、そのさま。「枯淡な(の)境地」

  1. 書画・文章などに俗っぽさがぬけ、あっさりとした中に趣があること。また、そのさま。「枯淡な画風」

[派生]こたんさ[名]

出典:青空文庫