出典:デジタル大辞泉(小学館)

箏曲 (そうきょく) 。生田流。天保年間(1830~1844)光崎検校 (みつざきけんぎょう) が作曲。箏だけによる雲井調子平調子の高低二部合奏曲で、雲井は秋の気分を、平はを表す。